秋田のダリア園に行ってきました

旅行

こんにちは、オカメインコです♪

先日、秋田のダリア園というところに行ってきました。

 

このダリア園は、自分が小さい頃からその場所にあったのですが、国か県が運営している施設だと思っていました。

 

それで、すごい人里離れた場所にあったので、

人来るのかな。
お、まだ潰れずにやってたんだ。

 

そんな感じの感覚だったんです。
失礼ですみません;v;

 

 

最近では、自分がビジネスをやる側になったので、
提供者の苦労がわかるようになってきたんですよね。

 

ほんと偉そうな考えだったなと反省@v@;

 

 

今回、何気なく立ち寄ってみたら、結構人がいる感じでした。

まあ久しぶりに、花でも見ていくかー。

 

そんな軽い気持ちで中に入ると、

 

 

なんだ、この設置物は@v@!

 

こんなの前あったけ・・・。
なんか規模感がパワーアップしている気がする。

 

そして、花、花、花!

 

 

 

 

 

 

 

すごいなーと思ったので、何となくダリア見てきたー!

って、ツイートしてみました。

 

すると、仲間のりんりんさんhttps://twitter.com/nurse_ma_ma)から、この前テレビで見た~との情報が!

 

 

そして親切にも、どんな内容だったのかを調べてくれて、教えてくれました^^

 

 

その話によると、

昔はダリアって、仏壇の花としてのイメージが強く、業界でも「負の遺産」と言われていたそうです。

 

 

それをたった1人の男性の方が、V字回復させ、32年かけて700種類、7000株のダリアへと成長させたらしい。

 

 

その男性の方は、幼い頃、家が貧しく養子に出されたようで、心の中にずっと捨てられたという思いがあったそうです。

 

 

そんな寂しい日々を送っていたある日、小学1年生のときに、義理の母の葬儀でダリアに出会います。

 

そのピンクの美しい花が、男性の心の中に強く残りました。

 

 

その後、普通に就職して暮らしていたのですが、後から再びダリアとの再会を果たし、40歳からダリアを育てることを決意。

 

 

まわりからは気が狂ったなどと言われたものの、奥さんだけは支えてくれたようでした。

それでも家族の負担は大きく、家に帰らない父親と3人の息子の間には溝ができ、奥さんも飲めないお酒を飲むようになりました。

 

 

60代になり、やっと家に帰るようになった頃には、奥さんは認知症に。

だけど次男は父と同じ育種家になっているとのことで、想いは伝わってたんだなあと思いました。

 

 

 

そんな苦労の日々があって、このダリア園があるなんて全然知らなかった@v@

 

 

努力すれば、夢は叶う。
を地でいってるような感動ストーリーだなあと思いました。

 

 

自分もビジネスに対して、そんなふうに情熱を持ちたいものですね^^

 

 

人の役に立つためにビジネスするっていう理念があるなら、

絶対それを通さなきゃって思います♪

よかったら、メルマガの登録もいかがですか・v・

私は、どこか他の人と違うなと感じていました。

 

人が怖くなることもよくあります。
とことん、社会に合わないなあと思ったし、自分にはお金を稼ぐ価値もないと思ってた。

 

ある日、ネットで稼ぐ方法があることを知ります。

パソコン1台で、商品を紹介して売るだけで大きなお金が得られる。

 

これならできるかも、と思いブログを始めました。
そして、ツイッターで出会った仲間達。

 

ネットの世界は広いものです。
自分と気の合う人達がこんなにいるなんて、夢にも思わなかった。

 

私は自分の居場所と、自分で稼ぐ手段を得ることができました。

 

私のメルマガでは、自分が経験してきたビジネスの知識を、惜しみなくシェアしています@v@

 

登録プレゼントも無料でもらえます♪
わりと好評だったので、オススメです・v・

 

↓↓

メルマガ登録はこちら。(仕組み作りが学べる無料プレゼント付♪)

 

 

旅行
時間の少ないHSP気質のママさんにもできる在宅での収益化

コメント